2018年01月16日

[戌年のうめ犬]

5me1nu2.png

 昨日ののつづきです。
「犬」の字の うめのはな に つぼみもつけて
 全体も犬、中も犬、つぼみの中も(Kenなどの)Kの様な(人の様な)犬
 という様な作品です。
 ようするに「つぼみをつけたら全体も犬になるよね」ということです。

5me1nu-c2.png

 ちょくせつは全くかんけいありませんが
 WEST SIDE STORY(film)の ぽすたーをおもい出すかもしれません。
 いや
「とくほ の まーく」をおもい出す と言ったほうが いいのかな。
 全く かんけいないと おもいますが。

 つづきます。
posted by kawahar at 21:21| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

[戌年のうめ]

5me1nu.png

 昨日 一昨日と「犬棒かるた」の はなしをしたので
 また しれっと 戌年のソざいの ながれに なります。
「犬」の字の うめのはな です。

5me1nu-c.png

 申年のうめが こう なら、戌年のうめは こう(本Entry)かなと。
 ソれだけです。

 つづきます。
ラベル:Kanji GA 000-a2 oscillation
posted by kawahar at 23:28| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

しり

aksk2b-S.png

 実は「しり」というEntryは 今まで
 有ろうことか無かったので
 単体の「しり」も 昨日ののつづきとして あげておきます。

 すこしだけ替えたVerも あげておきます。

aksk-f-S.png

 古典だとは おもいますが ねんのため
 つづきとして今日あげておかないと
 もう あげるTimingが はるかなたび
 じになってしまうので。

 いやですね。あと しりとりも よかったらどうでし?
ラベル:Hiragana inversion FF
posted by kawahar at 20:44| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

[ アタマかくして しり かくさず ]

aksk2b.png

 4114エントリー目なので回る作品です。
 戌年の あたま なので 犬棒かるた の「あ(たま)」の
アタマかくして しり かくさず」です。
(あたまを しり へと)ひっくりかえしても同じです。
「い」じゃあないのが すこし ひねくれていますね。
 今回、mAmb(monthly-amb)に 出しました。

 びみょうに替えたVerも あげておきます。

aksk2bl.png

 これらは旧作「アタマかくして しり かくさず」のminor Changeばんです。
ラベル:Kanji Hiragana inversion FF
posted by kawahar at 18:09| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

[効果]・文字

moji-Emb-g.png

 昨日ののつづきです。
 もとの文字は しき詰めることが出来ますが、これをinversionにするなら
 とくに しき詰めることが出来なくとも よいと言えるので(出来てもよいのですが)
 しき詰めをOmitしたVerに しました。
 ただの きみょうなinversionです。
 つまり、ひっくりかえしても同じです。
 いちおう「ひっくりかえります」と言いたソうな やじるしの ようなものが
 ずいしょに あるような かんじになっています。

moji-Emb-h.png

 中央をすこし替えてみました。
 とりっく文字(だまし画)というかんじに。

 また、昨日のをすこしだけしか替えなかったVerも あげておきます。

moji-Emb-e.png

 中央だけ わかりやすい様に ずらしたVer.ということです。
 ソして さきほどと同じ様に この中央をすこし替えたVerも あげておきます。

moji-Emb-f.png

 やはり どれもが ひっくりかえしても同じです。

 あすは また 一旦ちがうものを。たぶん。
posted by kawahar at 23:26| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

文字・[効果]

moji-Emb-d.png

 昨日ののつづきです。
 Embigramです。
 さて くりかえしになりますが、Embigramとは ようするに
 flip-inversionの作品にEmboSSをかけてinversionにした作品です。
 つまり けっきょくinversion作品なので
 こんな「なり」をしていても「ふつうのAmb」と(も)言えます。
 おもに字画ではない(様にみえる)ぶぶんが180°回っている というのが
 ふしぎ というか きみょうですね。
 これを昔から
 Embigramと かってに よんでいる
 ということです。

 まあflip-inversion作品は ひととおり こうやっていこうかなと。
 ソしてこんなかんじのembigrayにもしていくつもりです。一つのぱたーんですね。
( Hint:戌年 )

 へんな工夫をほどこしていないVerも あげておきます。

moji-Emb.png

 つづきます。
posted by kawahar at 22:44| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

文字

 今日は4111エントリー目なので(また)共作の自信作です。
 けっこう前にAmbLab(ambigram-lab)に出したこれです(画直)。

 文字どおり文字同士が書け合わさって紋様になっています。

 ソして 大体いつもどおり 共作と言いましたが、
 本作も やはり 僕が たずさわった ぶぶんは
 ソんなに大きくは有りません。
 こうはん すこしだけ がんばった とか ソのぐらいです。

「文字」は文字としては(はずかしくて)文字文字するどこロか
 おしも おされもせぬ文字ですから ソのあたりに
 本作の いぎが あるんだとおもいます。うん、いぎなし!

 画としては いちおう ちゃーりーぶらうんっぽい人(icon)が
 文(字)を喋っている いめーじに みえるかもしれません。
 上の かたまりが あたまで、ヘコみが 口、したが どう体、
 口から「文(字)」の「ふきだし」を出しているわけです。
 どう体が すこし ちいさいので、あたまと くび だけの
 ソけっとソるじゃー かも しれません。
 なにかを たべようとしている様にも みえるかも。
 文(字)だから のみこむよりも喋ってほしい とこですが。

 また、作りはじめのコロは「ありの巣(のだん面)みたいだなー」と
 おもっていました。
「脳内メーカー(脳内は文字で一杯)」みたいな いめーじも ありますね。

 本作は昨日ののつづきではありませんが、
 恥をかいたから文字文字しちゃう
 みたいな ながれ とも言えますでしょうか。
 たとえば
 世の中の「は行」と「ま行」の じゅんじょが あべこべだった時、
「じ」の1つ前の字が1つ前の字なって
 ちょうどよい つづきかたに なりますね。
 つまり
「はじ」と「もじ」の「じ」の1つ前の字(「は」と「も」)が
(もしも「はまやらわ」が「まはやらわ」だったならば)
「は」から「も」へと1つ前の字になり、
 昨日の「恥」から今日の「文字」になるのは
 Entryのつづきかた としては(あべこべだけど)ちょうどよいですねと。

 いや やっぱり むちゃくちゃですね(あべこべ)。
 つづきます。
posted by kawahar at 23:39| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

恥(はじ)

hajihaji.png

 どっこい昨日ののつづきです。というか いちおうPrototypeですね。

 ソう言えば 昔こんな「恥」も かいたなぁ と おもい出したので。
「恥」と「はじ」との しんどう作品 です。
 igatoxinさんの「逃」と「恥」との しんどう作品を みて
「恥(はじ)」にも出来る と おもったので作りました。

 恥をかいた事は中々わすれないと言いますが、
 うっかり わすれて いました。

 しかしまあ
 恥をかくのは結構うまいかもしれませんね、恥ずかしながら。
posted by kawahar at 02:33| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

逃恥(にげはじ)

2g82-t.png

 昨日ののつづきです。
 今日のは「逃恥」と「にげはじ」との しんどう作品 です。
「逃げ恥」の「げ」が逃げ出しちゃっているかんじですが
 いいかんじだとおもっています。

 ソれにしても(かんせつてきにですが)
 かんソうもいただけて ほんとうに ありがたかったです。

 ながれてきてココをよんでくれた みなさんも ありがとうございました。

 ながれは たぶん もどします。
posted by kawahar at 00:10| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

逃げるは恥だが役に立つ

2g6882d989232.png

 無い様で有る よてい みたいなものを
 さすがに しれっと替えまして 今日は
 海野つなみさんの「逃げるは恥だが役に立つ」の
 ふぁんあーとちっくな作品
「逃(に)げるは恥(はじ)だが役(やく)に立(た)つ」です。
 漢字が よみがなにも なっている、という仕組みです。

 せんじつ、
「逃げるは恥だが役に立つ」の どらま が
 いっきょ再ほうソうされたので
 ソの時に Twitterで本作をついーとしたんですが、
 今日、知らないどなたかがソれを海野つなみさんに紹介してくださり、
(通知をかくにんしたところ)海野つなみさんが本作をRTしてくださいました。

 なので(うれしかったので)本Blogでも
 本日のEntryは本作、という はこびに(かってに)なりました。

 つづきます。
posted by kawahar at 23:44| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

HAPPY NEW Y正月R

HNY1GR.png

 いちおう ながれとしては昨日のの つづきです。

「HAPPY NEW YEAR」の「E」を「正」、「A」を「月」にした作品です。
 戌年なのでほんとうは「E|正」を
 たのめーるの犬(たのくん?)みたいにしたかったんですが
 まあ申年に にたようなことをすでに やっているので
 とりあえず今回はいいかなと。
 いずれにせよ ありがちな気が するんだけれども、まあ。

 けっこう すっきりと していて、好きです。
posted by kawahar at 22:18| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

犬犬(戌)

1nu1nu1.png

 昨日ののつづきです。
 今日のは
 犬のかおをした「犬」という字が二つ並ぶと「戌」の字になる
 というような作品です。
posted by kawahar at 18:39| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

戌(犬犬)

1nu1nu.png

 ながれとしては昨日ののつづきです。

 今日のは「犬」が二つで「戌」です。

 つづきます。
posted by kawahar at 22:01| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

+犬(戌)

1nu30-p.png

 昨日ののつづきで 一昨日ののPrototypeです。
 ちょっとずつ ちがうのを並べるのも 味わいがありますね。

 すこしだけ右かた上がりのVerも あげておきます。

1nu30-3.png

 からーばりえーしょんも。

1nu30-3-y.png

 つづきます。
posted by kawahar at 22:10| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

平成三〇(戌(+犬))

1nu-h30-3-t.png

 昨日ののつづきです。
 昨日のに「平成三〇」っぽさをくわえてみました。
「戌」と「+犬」と犬の画と「平成三〇」っぽいのとの しんどう作品です。
 いつもながら てきとうで すみません。

 ことしは「平成三〇」で「戊戌(つちのえいぬ)」ですが
「戊」も「戌」も「成」も よく にているんですよね。
「戊戌成」と並べたくなります。

 つづきます。
posted by kawahar at 18:00| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

戌(+犬)

 あけまして おめでとう ございます。
 きゅう年ちゅうは たいへん おせわになり、ありがとうございました。
 みなさまの ごけんしょうと ごたこうを、おいぬぉりもうしあげます。

1nu30.png

 本作は ねんがじょう らいくな作品です。
 今年の ねんがじょう に いちおう つかいました。
「戌」と「+犬」と犬の画との しんどう作品です。
 ちょうぜつ有りがちっぽい気もしますが
 いちおう1から かんがえて作ったので ごさしゅうください。

 というわけで 今年も宜しく おねがいぬ。
posted by kawahar at 00:41| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

(うろたもも)郎太桃

momota6op.png

 昨日ののつづきで「桃太郎(ももたろう)」の ぷれーんなVerです。
 まともにヨコ書きにすると こんなかんじ ですよと。
 ほかは とくに 替えていないので、今日は
 昨日のの工夫を細かく のべていきたいと おもいます。

 ただし ソのまえに ねんのため一言。
 これは昔ばなしになりますが、(ながくなりソうな ふり からの)
 昔は文字を右から左に よんでいたので、(ソういうことじゃ なかったかん)
 本作も(昔ばなし なので)右から左に よむ様になっています。いちおうね。

 さて本作は はじめは ふつうに
 左から右への「桃太郎(ももたろう)」を作る気でした。
桃|もも」は お気に入りの作品で まだまだ かつよう したかったですし
「太|た」は当たり前に自然なのが自然に有りましたから(ひらがな の なりたち)
 あとは「郎」を「ろう」にするだけだなあ、と。
 しかし「郎」を「ろう」にすることは出来ませんでした。
 ただし「うろ」なら いけソうなことが わかりました。
 ここで「桃」が左右どちらからよんでも同じ「もも」であることを
 あらためて おもい出し、とても幸いに かんじたので、
「郎太桃(うろたもも)」を生むべきだとおもいました。

 昔は 文字を右から左に よんでいたわけだし、
 桃太郎は昔ばなし なんだから ちょうどよいわけだし、
 桃は川をながれてくるし、
 川は高いとこから ひくいとこローへ ながれていくし、
 ひくいとこ(Low:ロー)は「ろう|郎」と かけられるし
 これは よい工夫になるな と。
 つまり
 昔の様に(昔ばなしなのだから当然の様に)、ソして
 川上から 桃が ながれてくる様に
 文字も川上から(右から左に)よんでね、
 と言いはれる(工夫が出来る)と気づきました。
 こうして、桃から生まれた桃太郎、いや、郎太桃となったのです。

 というわけで(つもりですが)、
 川に高さ(ひくさ)をつけて 右が川上だと わかる様にしています。
 高さ(ひくさ)をつけて水のながれをあらわし、
 川が ながれていること、桃が ながれていること、
 高い右上から ひくい右したに ながれていること
 などをあらわしました。
 高さ(ひくさ)をつけなくとも何となく川幅でわかるかもしれませんが、
 いちおう工夫としては
「郎(Low)」の とこが ちょうど いちだん ひくくなっている(Low)つもりです。
 だじゃれです。
 これによって川上(右上)から 桃が ながれてくるので
 合わせて文字も 川上から よんでください。

 あとは全体として えほんの ひょうしっぽさをくわえました。
 ひっソり「しなばしかむ」をおいておき(これはAmbではありません)
 あしすともしてもらう(あしもとをてらしてもらう)ねらいがあります。
 というかんじの右から左への「桃太郎(ももたろう)」でした。

 さて、今年も大みソかとなりました。
 いちおう、とりがさるといぬが来るというかんけいで
 本日のEntryが桃った、という事に なっております。

 ソれでは、よいお年をおむかえください。
posted by kawahar at 09:00| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

桃太郎(ももたろう)

momota60-b.png

 4100エントリー目なので自信作です。
「桃太郎」と「ももたろう」との しんどう作品 です。
 せいかくには
「郎太桃」と「うろたもも」との しんどう作品 です。
 昔ながらに右から左に よんでね という「しかけ」です。

 (言うほど昔ではありませんが)昔、mAmb(monthly-amb)に 出しました。
 本作は
桃|もも」からはじまって
桃色|ももいろ」や
桃乃花|もものはな」などの ながれを経て うまれた作品です。

 つづきます。
posted by kawahar at 00:19| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

身分

3135n135n.png

 昨日ののつづきですが、分身分身と言ったほうがよいかもしれません。

「身」の身を分けた「分」のぶんも「身」の中に入っているという作品で、
「身分」と「ミブン」との しんどう作品でもある のですが、
「身(ミ)」の中に「分(ブン)」も入っているので
「身(ミ分)分」=「身(ミ分(ブン))分(ブン)」=「身(ミブン)分(ブン)」
 という いささか はみ出す かたちに なってしまいました。
 画も はみ出しています。はみ出しもの の、人生です。
 ソして 人よりも だくてんの大きい人生です。
 ソンなミブンブンですが、かんしゃも したりしつつ いきていきましょう。

 このあと いれこのあと つづきます。
posted by kawahar at 20:33| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

[余が自分、自我 自分]

49A-213n-2gA.png

 昨日ののつづきです。
 昨日のが「ヨガ」にみえて
 ヨガとは「余」と「我」、
 すなわち まんま自分じゃあないか! という事で作りました。
「ヨガ」と「自分」と「ジガ」との しんどう作品かもしれません。

 ばりあんと も あげておきます。

49A213n2gA.png

 さらに(?)余分かもしれませんが
「ヨガ」をする「自分」に「ジブン」の「ジガ」が めざめるVerも
 あげておきます。

49A-213n.png

 やはり「ヨブン」でしたね。
posted by kawahar at 00:36| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

[自分の身はジブンで]

213n-3-213n.png

 昨日ののつづきです。というか自分自身の ばりあんと です。

 文字どおり、
「自分」の「身」は「ジブン」で
 という事で
「自分」と「身」と「ジブン」との しんどう作品の つもりです。

「ジョジョ立ち」では有りませんが、
 こうみるとポーズをとった身にみえますね。たぶん。

 つづきます。
posted by kawahar at 20:00| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

自分自身(ジブンジシン)

2135n-24n-dd.png

 昨日の一昨日ののつづきです。というかこれこれこれのつづきです。
 つづきというか ほぼ きりはりした組み合わせですね。
「自分自身」と「ジブンジシン」との しんどう作品 です。
「ジョジョリオン」ではないです。

 ななめのVerも あげておきます。

2135n-24n-dm.png

 つづきます。
posted by kawahar at 15:26| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

[らっかさん]

3n109604-c-racker.png

 昨日ののつづきです。
 昨日のには「くりすます・くらっかー」という いみ合いが ありましたが
 今日のは ただの「落下」と「サンタクロース」です。
 つまり、昨日のは文字どおり文字が落下していましたが
 今日のは とくに落下していない「落下」している「サンタクロース」です。
 では
 なぜ「サンタクロース」が「落下」?という はなしに なりますが
 まあ あわてんぼう だったんでしょう。許してください。

 これは(あえて「寄せ字」と言わないなら)
「サンタクロース」と「落下」の あなぐらむ と言えるでしょうか。
「サンタクロース」の文字達の組み替えで「落下」が出来ています。
 Ambっぽい あなぐらむ ですかね。ぎゃく かもしれません。

 とこロで
 本作は「落下|サンタクロース」ですが
 略して(?)「らっかさん」とよぶのがよいかもしれません。
「落下」と「サンタクロース」とのパラということですね。たぶん。
 あわてんぼうのサンタクロースが落下しても
 らっかさんが有るから大丈夫、ということなのかも知れません。

 いつかにつづきます。
posted by kawahar at 11:06| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

[ Xmas Cracker(ク落下) ]

 はぴくりです。
 などと おいわいの ことほぎも作品の様に ちゃんぽん(ごちゃまぜ)に してみました。
 なんのこっちゃ。

XmaS-Cracker-9.png

 というわけで、今日は おおよソ はぴくりなので
 ソれに ちなんだ作品をUPしておきます。

 本作は
 画と漢字とカタカナとで出来ている作品です。
 ごちゃまぜのちゃんぽんですね。
 全体てきに みると 割と「えはがき」っぽいですね。
 すんぽうなどは まるで てきとうですが、ふんいきは有るとおもいます。
 で、まず漢字としては
 (落下している一字を除いて)「落下」という文字になります。
 なぜ「落下」なのかというと、降誕(祭)と言ったり雪が降ったり
 さんたくローす が ぷれぜんと(の雪など)をみんなに降らせたり
 あわてんぼうの さんたくローすが うっかり帽子などを落としたりするからです。
 この「落下」という文字は「サンタ ロース」という
「ク」無しの「サンタ(ク)ロース」という文字達で出来ており、
「ク」は落下中 という あんばいです。
 つまり
「サンタ(ク)ロース」と「落下」との しんどう作品の出来ソコない です。
 サンタクロースの「ク」が落下しているので じこげんきゅう ですね。
 あわてて「ク」を一字ロスしているので、サンタクロースと言うより
「サンタ『ク』ロス」とか「サンタ -ク- ロス」とか言うべきかもしれません。

 画としては、たとえば
「ス(下)」がトナカイ、
「ー」が手綱、
「ロ」がソリ、
「サ」がサンタのひげ(かお)、
「タ」がサンタの体、
「ン」がぷれぜんとの袋、
「ク」が落下中のサンタの帽子か、Coloringによってはソリの部品か、
    トナカイやサンタのunkか、別分けにしておいた ぷれぜんと箱か、
 というかんじになります。
 画全体としては
 雲海か雪原か の はるかな上空を
 トナカイが引くソリで飛行中のサンタが
 帽子を落としてしまいトナカイと一緒にアッとなっているの図です。

 とこロで、
 くりすますを いわう あいてむ(ぐっず)として
 くりすます・くらっかー というものが あります。
 ちいさな ぷれぜんとなどが 一緒に はいった くらっかー(Party GoodS)ですが
 本作でサンタが落下させた「ク」は、帽子ではなく
 くりすます・くらっかー なのかも しれません。
 あるいは、落とした「ク」は帽子なのだけれど
 帽子には ふしぎな「"ク"落下(Cracker)」の まほうが かけられていて
 落ちる間に たくさんの くりすます・くらっかーとなって
 みんなの もとに 舞い落ちるのかもしれません。
 はぴくりですね。めでたしめでたし。

 むすびに。
「落ちるサンタクロース」と言えば寒鱒さんというかたの作品が有名です。
 本作と ちょくせつの かんけいは無いのですが
 大きな せんだつという事で、あげしめさせて いただきます。

 また、本作は2r96さんに あるいみで きっかけをいただきました。
 有り難うございました。

 つづきます。
posted by kawahar at 18:39| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

長身

7404n-b.png

 昨日ののつづきです。
 昨日のを一文字ずつかがみ映しにしてみました。

7404n.png

 3つともです。

7404n-d.png

 どう画なら
 一文字ずつ|軸で回りつつ(Spinしつつ)かがみ映しになり、
 全体でも 常に かがみ映しに なっている というかんじにするのが
 好ましいでしょうかね。

 長身とのことなので たてながにも してみました。

7404n-l.png

 しあさって ぐらいに つづきます。
ラベル:Kanji mirror 090-mi
posted by kawahar at 15:08| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

身長

4n740-b.png

 昨日ののつづきです。
 すでに どこかに ありソうですが、ながれで作りました。
「身」と「長」との |軸の かがみ映しの作品です。
 てきとうです。

 すこし昨日のよりのVerも あげておきます。

4n740.png

「ものさし」や「はしらの きず」の様な いめーじでしょうか。

 さらに昨日のよりのVerも あげておきます。

4n740-d.png

 だんかいてきに せが のびていく、
 だんだん せいちょうしていく いめーじを
 かもし出せた かもし れません。

 つづきます。
ラベル:Kanji 090-mi mirror
posted by kawahar at 16:12| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

自身(ジシン)

24n-b.png

 昨日ののつづきというか一昨日ののつづきです。
「自身」と「ジシン」との しんどう作品 です。

 すこし昨日のよりのVerも あげておきます。

24n.png

 ソラ目と
 いたしましては
 さかな なのか たまご なのか ロックマンの当身(あてみ)なのか
 などと いったものが あるのではと おもいます。てきとう です。

 つづきます。
posted by kawahar at 18:21| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

分身(ブンシン)

135n4n.png

 昨日のつづきです。
 昨日、すでに大体 言っちゃって いますが
 今日のは
「分身」が「ブンシン」にも分身(ブンシン)しています。
 多分。

 つづきます。
posted by kawahar at 20:00| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

自分自身

 昨日「つづきます」と言いましたが、ソれは いつかに あと回しにして
 今日はこれのつづきにします。

2135n-24n-e.png

 自分自身の分身
 というか
 自分の分身が自分自身
 というか
「自」+「分」=「身」
 というか
「自」と「分」とに「身」を分ける「分身」を「自分自身」と言う
 というか(言いません)
「身」の中に「自」も「分」も有る
 というかんじの作品です。
 いちおう「自分」は「ジブン」にも なっている ので
 自身の「身」も「自分」自身であり「ジブン」の分身でもある
 というか
「自分」が「ジブン」にも分身する作品
 とも言えるかもしれません。

 つづきます。
posted by kawahar at 21:03| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

[南極1号]

 今日は4088エントリー目なので(また)共作の自信作です。
 すこし前にAmbLab(ambigram-lab)に出したこれです(画直)。

 昨日ののつづきですが、
 昨日のがつづきと言うべきでしょうか。いや、まあ
 昨日ののつづきです。

 このVerは 共作と言いましたが、ほぼほぼ友人が作ったと言えます。
 まあ でも いちおう。ソれなりに。はい。

「木」に「南極1号」の「1」が入っています。おーまいがー南バー1だ。ちがうか。

 つづきます。
ラベル:Kanji 090-a2
posted by kawahar at 11:22| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

[修正]・南極

010ATA-1.png

 昨日ののつづきです。
 また ColorVariationです。いくつか あげておきます。

010ATA-2.png

 南極は地軸を軸に南極点を中心にして回っているハズなので
 地球をした(?)から眺めると回る南極大陸をみる事が出来ます。
 また
 南極の国こーど は「ATA」ですので回っています。
 国こーど には 数字も有り 南極は「010」ですのでこれも回っています。

010ATA-3.png

 ソれじゃあ 90°回すより180°回すほうが
 よかったんじゃないの
 という はなしに なりますが
 けっきょく難k(ry

 つづきます。
ラベル:Kanji 090-a2
posted by kawahar at 20:18| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

南極・[修正]

010ATA.png

 昨日のというか一昨日ののつづきです。
 一昨日の南極の Variation作品です。
 ナンちゃって ですが ひげ文字というか
 筆文字の様な かんじに してみました。
 一昨日のと みくらべてみると、字の かっこうなども すこしだけ ちがいますが、
 じっさいには ほぼ ColorVariationなだけの作品です。
 ナンちゃって の やりくちを わかって いただけた かも しれません。

 つづきます。
ラベル:Kanji 090-a2
posted by kawahar at 20:38| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

[南極2号]

72949b.png

 昨日ののつづきです。
 昨日の南極の Variation作品です。
 ほぼ ColorVariationのみの作品ですが かっこうなども すこしだけ ちがいます。

 さて、世の中には
 南極1号という「きゅうり」があって、ソの きゅうり(や なすび)で
 たとえば しょうりょうまを作って じぶんをなぐさめたり、あるいは
 ココロなどに あいた あなの あなうめ などをしたりしていた しゅふが いて、
 いや いたとして、ソういう しゅふ などを たーげっとにした
 南極1号(きゅうり)をもした しゅふのための あらたなTENGA(iroha)、人よんで
 南極2号が このたび 満を持して
 いや がまんしていた まんが持して ついに まんまんを満たします。
 などという
 回り 回って いっしゅう半ぐらい回っている(言うほど回っていない)はなしを
 今 てきとうに でっち上げましたが
 じっさいには(南を極に)90°回しただけ作品です。やはり、言うほど回っていません。

 つづきます。
ラベル:Kanji 090-a2
posted by kawahar at 12:30| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする