2008年05月18日

哀/しぇりー

s-h-erry.jpg
 まず初めに ことわっておかなければならないのは
 本作は、「Ambigram Laboratory」igatoxinさんの
哀/シェリー」あってこその作品 ということです。
 僕のほかの作品はこういう但し書きがない限り
 無論全て僕のオリジナルの作品ですが
 本作はすこし違うということです。
 igatoxinさんの「哀/シェリー」を僕がみていなければ
 僕が本作を作り出すことは まずなかったことでしょう。
 かんたんに言うと僕は「哀/シェリー」に非常にかんどうしたため
 リスペクトの証として本作を作ったのです。
 シェリーをカタカナからひらがなにしただけなのです。

 igatoxinさんの「哀/シェリー」の圧倒的な必然性には
 うなるしかなく 構造にも うなるしかありません。
 モティーフの「名探偵コナン」には
 こういう類のギミックも よく出てくるとおもいますが
哀/シェリー」はそのギミックを
 フタ回りぐらい上回っている様に僕の贔屓目でみるとみえます。
 青山剛昌さんに「哀/シェリー」をみてもらいたいほどに
 僕はかんどうしたものです。

 もう僕の中では APTX-4869の服用効果は
 反時計に90°回るということになります。

 でも ひょっとすると これも
 青山剛昌さんのかくされた設定の範囲内なのかも知れません。
 つまり 青山剛昌さんが上回っていたということであれば
「なぜ灰原の名前が『哀』なのか」
「なぜコードネームと名前が『シェリー・哀』と設定されたのか」
 ということを考えてみると、この謎の真実は
 いつも一つとは限らないigatoxinさんの「哀/シェリー」が
 まさに答えなのではないかと
 なんでも逆さに考える僕は そうおもったりもするのでした。

 でも そう考えてしまうのも
 igatoxinさんの「哀/シェリー」の完成度のなせる業ですよね。
posted by kawahar at 10:28| Comment(4) | TrackBack(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
なるほどなるほど、ですね。
ひらがなにするのは思いつきませんでした。
群衆の叡智ってやつでしょうか。
Posted by igatoxin at 2008年05月20日 17:20
 こんにちは。コメント有り難うございます。
 すみません、群衆の叡智について不勉強で
 何も知らないのですが
 たとえばwikiなんかは群衆の叡智なんでしょうか。

 僕としては「研究室」などのコミュニティも
 やはり群衆の叡智だとおもうんですけれど
 ゲームの攻略や「やりこみ」などでも
 部分部分でのベストの工夫は
 それぞれいろいろな人から(つまり群衆から)生まれていて
 それらを組み合わせて改善されていくものとおもいます。
 たぶんスポーツでも将棋や囲碁でも
 技の工夫、戦術・戦略の工夫は
 群衆の叡智なんだとおもいます。
 いわゆるオープンソースとか GNUとかも
 やりたいことは「群衆の叡智」なんだとおもいます。
 ということは問われているのは
「群衆の叡智」そのものではなく
「群衆の叡智」の効率を上げる「インフラ的仕組み」
 なのだとおもいます。
 そうなると(不勉強な僕の中では)現状では
 やはりwikiなのかなぁというかんじです。
 そしてこの道に明るいかたがたが言うところでは
 これからは その群衆の叡智の効率を大幅に上げる
 素晴らしい仕組みが生まれてくるのだ
 ということなのですよね。そのぐらいしか解りません。

 それでたとえば僕が
「Ambigram Laboratory」のタイトルロゴの
「究」が「求」にみえますけれども、けれども
 もともと「究」と「求」には ちかしい関連がありますし
 むしろ そこがよいですよね
 とコメントするとすると群衆の叡智としてigatoxinさんに
 プラスになるでしょうか。なると嬉しいですけれど。

 とにもかくにも
「哀/シェリー」と「哀/しぇりー」がシナジー効果?で
 それぞれの価値が高まるなら
 僕にとってはとても嬉しいことです。
 …という結論でよいですよね…?
Posted by kawahar at 2008年05月20日 19:29
結論はそういうことなんでしょう。
いろいろは表現の可能性が「みんな」で見出せれば
それは「みんな」の成果としてプラスになるということで。

多分、今やっているレベルでは群集の叡智というのは大仰な言葉で、
「三人寄れば〜」の方がしっくり来るかもしれません。
群衆の叡智については私の「群集の叡智」のエントリで言及しています。
そういうことが出来たらいいんじゃないかなぁと。
Posted by igatoxin at 2008年05月21日 06:15
 返信有り難うございます。
「三人寄れば」がしっくりきますね。そのぐらいなら
 マジメにクレジットを考えても楽なのかなとおもいます。
「哀/シェリー」のクレジットに僕は はいっていませんが
「哀/しぇりー」にはigatoxinさんのクレジットがはいる
(カッテながら僕のクレジットもはいる)
 ということになるとおもいます。そしてこれがもし
「哀/シェリー&しぇりー」とよばれる様な
 あたらしい一つのアニメ作品などになったほうが
 よりよくて それを「みんな」がgo承諾してくれるならば
 たぶんそのクレジットには僕も入れるのだとおもいます。

 ただ、僕のこういうカッテなリスペクトが
「哀/シェリー」の価値をおとしめるならば
 僕の気持ちとはウラハラな結果になるので よくないなぁ
 そこは やはりigatoxinさんの気持ちしだいだなぁ
(つまり謝罪して本エントリをひっこめる場合もある)
 とおもっているのです。
 僕も僕の作品を知らないところでいじられるのは嫌で
 知っているところでいじられる場合には
 おたがいによい気持ちになれるかどうかが
 第一の鍵(ステップ)だとおもっています。
「三人寄れば」の三人の中に
 僕のワルイ面を集めた様な奴が
 カッテにはいりこむのは僕は嫌だからです。

 というわけで とりあえず大きな問題がなければ
 これからも宜しくおねがいします。m)_ _)m
Posted by kawahar at 2008年05月21日 07:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック