2020年06月17日

スケルトン インフィル

413610n-1n216-98-484.png

 5000エントリー目なのです。

 本作は
 同じ画(Glyph)で出来た「スケルトン インフィル」という作品です。
 今回の mAmb(monthly-amb)に出しました。
「Architecture」という おだい でした。

 ことばの いみは 大体
 骨組みと内装ですが、
 本作は えがかれた骨に字画の肉が ついているというよりも
 字画という骨組みに骨の内装をつけくわえた(Decorationした)
 つくりかたをしているので
 あべこべな かんじに なっています。

 つまり字画に骨のSkin(皮)をはりつけているんですね。
 ソれによって「ス」と「フィ」とを
 りょうりつ(?)させたわけです。
 骨のSkin(皮)、まんまスケルトンなインフィルということですが
 本来の「スケルトン インフィル」の いみとは
 すこし(?)ちがってきますので、あしからずです。
 というか
 まんまと言いましたが
 Skin(皮)は内装というより外装(r

 つづきます。
posted by kawahar at 19:23| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。