2016年08月10日

スムージー スムージー

77m462t.png

 昨日ののつづきです。
 字の大きさのバランスがわるいのを
(たとえば「ジ」は大きくて「ム」は ちいさい などを)
 なんとか しよう という事で。

 まずは
 かたむけて
「ム」をテマエにして大きく、
「ジ」を奥にして ちいさく して、
 文字同士の大きさのバランスをとる企みです。

 しかし
 文字の大きさのバランスが とれている とは言いがたいので
 つぎに
 ぎゃくに
 かたむけて
「ム」を奥にして さらに ちいさく、
「ジ」をテマエにして さらに 大きくしてみました。
 これは
「ジ」は ちかくに有るんだから えんきんほうで
 大きくみえるのは当たり前で、
 言っとくけど言うほど大きくないからね?
 大きくみえるって言うけどさ。ソのへんをふまえてもらわないと。
「ム」だって奥(遠く)に有るから
 えんきんほうによって ちいさくみえている だけだし、
(はったりだけど)かたむいていなければ文字のバランスは
 本当は ととのって いるんだよ?
 ととのっていると言いきるのは言いすぎかもしれないけど、
 でも ととのっている かもしれないじゃん?
 ソの かのうせいは 有るじゃん?
 という様な しゅちょうを とおしたい、という企みです。

 これらは
 しかくい かたむいた じばんに Colorを付ける事で
 かたむいている という事を より
 はっきりと させている様に おもいます。

 じばんだけをかたむけて
 文字などの大きさのバランスをとる
 やりくちは これこれなんかでも実は やっていました。
posted by kawahar at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック