2016年08月02日

[一賽合賽について一切合切2]

 昨日ののつづきです。

 まず、(立体の)サイコロの(ねがぽじの)Ambを作るにあたって、
 僕は すでに「サイコロのAmb」や 関連してもよさソうな仕組みのAmbを
 いくつか作っていて
 ソれら旧作を再かくにんする事からはじめました。

 たとえばこれ。いや これは ふつうのinversionでした。しつれいしました。
 こっちですね。いや これも ふつうのinversionでした。でも
 サイコロのてんかい図をもちいているのが いっぽぜんしん ですね。
 というか
 サイコロのてんかい図の僕のAmb作品と言えばこれこれこれですね。
 まんま サイコロのてんかい図のinversion作品です。
 でも、この様に
「サイコロ(のてんかい図)」の せいぶん(ようソ)は これら旧作に有るとして、
「ねがぽじ」の せいぶん(ようソ)は どうなのよという気になります。
 どうも こうも これこれこれが有りますね。
 いみ合いは異なるけれど やっている事は ほとんど同じ?という事です。
 これらを すでに作っていた という事も有り、
「サイコロの数字 de ねがぽじAmbを作る」あるいは
「ねがぽじAmb de サイコロの数字を作る」事は スッと はじまりました。

 どう スッと はじまったのか、昨日の作品メモの数字をみてみましょう。

Dice123456-01.png

 全て たんなる ねがぽじですので「4」がおかしくなっていますね。
「4」をまともにする のは あすにするとして
 ココで昨日の作品メモの数字を 一つずつ みていきましょう。
 今日は「1と6」です。

16-00.png

「1と6」の ただの ねがぽじ作品のばりえーしょんです。
 ねがぽじ作品なので かんたんに出来る様に(たいおうが ややこしくならない様に)
 これと同様にDotBlockで作りはじめました(あとで ななめに削いだりも出来ます)。
 さいていげん「6」が ひょうげんできる ていどの大きさの
 Dot画 という事です。
 ソして、太さをいじってみたり
「6」にある穴ほしさに「1」が「.1」でもよい事にしてみたり
「.1」の「.」をなるべく めだたなくするために
 colormirror(brightnessなどの はんてん)をもちいたりしています。
 いや 今回のは はんてんと言っても
 かがみ映し(mirror)や180°回し(inversion)ではなく
 ねがぽじ(NegaPoSi)なのだから、
 colormirrorでもcolorinversionでもなく
「画像加工ソフトなどで言うところの単なる明度反転」という事になります。
 先ほどのTagsは これにmirror性やinversion性を加え持つ作品のためのものです。
(また、本当は 明度反転ではなく色調反転を作品に いかしたいです)
 なんだか お、おう。というかんじで すみませんが、ソんなかんじです。

 つづきます。
posted by kawahar at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック