2015年09月18日

藪蚊・[回文]

yabuka.png
 本作はべつに伏せ字にするひつようは無いのですが、
 いちれんのながれと言いますか、
 伏せたほうが当該の文字(はじめの字とさいごの字)だけを
 注目させられるかなと。みにまるでざいん?知りません。

 今回は漢字でしっかり藪蚊と書いているのに
 しれっと回文と言ってますよ。おかしいですね。
「回文は【よみ】が たいせつ だから(漢字が藪蚊でもよい)」
 とか言い出しソうですが
 ソれを言っちゃうと本作はだいぶ回文にならないんですが。

 回文はつねに回文じゃなくてもいいんです。
 よみてのいっしゅんのココロのすき、すきま、
 ソのせつないせつなに回文で有りさえすれば。
 まるで本作にソれが備わってるかの様な口振りですが。
 つづけます。
 いっしゅん「あ、回文だ」とおもわせる事ができればよいのです。
 これは「あ、回文かな?とおもったけど違った」では決してなく、
「あ、今は回文だ」といういっしゅんを作れるかどうかです。
 本作では「Rubyを目でみてから、よみが脳内でかくていされるまで」
 あたりがもしかするとソうかも知れません。
 いやー、
 えー、
 ちがうでしょ。ソんなせつめいだと、ソんなこと言ったら
 全然ちがうのまでやっぱり回文になっちゃうでしょ。
 で、でも、うまくせつめいが出来ていないだけで、
 いっしゅん、ほんのすこし「本作が回文である時間帯(フェーズ)」が
 どこかに有るような気がしませんか。しませんか。

 つづきます。
posted by kawahar at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426260483

この記事へのトラックバック