2009年03月11日

この記事へのコメント
部分的に綺麗な明朝体になっているぶん
そうでない部分が目についたり
読みにくかったりする欠点はありますが、
パッと見のインパクトが強くてよいですね。
明朝でない書体でやってもよいかもしれないですね。
ベースになってるのはHG明朝でしょうか?
Posted by tsukene at 2009年03月11日 21:14
 どうもです。
 本当は各々の作品ごとに「これぞ」というような
 ぴったりのフォントがそれぞれあるかもしれませんね。
 初めはイロイロなフォントで験したのですが
 パブリック性とそれに因るよみやすさと
 フォント自体(字体)の仕組みによるよみやすさの面で
 とりあえず明朝体が優れているとかんじました。
 ベースはHG明朝です。
 本作は巧くやればもっとよりよくできそうですよね。
Posted by kawahar at 2009年03月11日 23:50
対応付けの解釈が素晴らしいですよね。
このシリーズ、もっと見たいです。



Posted by Red roses order at 2009年03月12日 07:49
 どうもです。本作はフリーハンドのものから
「木から」の部分を替えていますが
 これは明朝大体に修正しているうちに
「このほうがいいかな」とおもえたので替えました。
 [DVDのV]という作品も対応付けをすこし替えました。
 こういう修正は結構面白かったです。
 このシリーズはまずは古い作品の修正になりますが
 幾つか候補があるのでアップしていきたいです。
Posted by kawahar at 2009年03月12日 11:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック