2020年11月15日

アルファルファ

464464450-484.png

 つづきますと昨日言いましたが5151エントリー目なので
 ながれをやや かえてmAmb品のEntryです。

 本作は 同じ画(Glyph)で出来た「アルファルファ」という作品です。
 今回の mAmb(monthly-amb)に出しました。
「おわらい」という おだい でした。
 しょくぶつ でも よいですが。

 本作は
 同じGlyphの 45°回しと90°回しで出来ています。
 また、すこしFractale性もあって、
 Glyph自体が同じGlyph(黒い部分)を90°回して1/2にしたものの
 くりかえしで出来ています。これによって、
(「ア」と「ファ」が同じGlyphであるにも かかわらず)
「アル」の「ア」と「ファ」の「ァ」とが同じGlyphに なっている
(全体は部分、部分は全体なので)というのがぽいんとです。

 本作のぽいんとを部分てきに言い替えるなら、単に
「ファ」の「ァ」が ちゃんと ちいさくなりつつ
「アル」の「ア」と同じGlyph(ふぉるむ)に なっている点で、
 同じGlyph(ふぉるむ)なので 文字(一つのことば)として
 いっかん性が あって好ましい と言えるかもしれません。

 つづきます。
posted by kawahar at 18:21| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする