2019年03月02日

MILK(みるく)|ミルク(みるく)

W-Ruby-MILK.png

 昨日ののつづきです。
 みせかたの工夫をかんがえてみた Variantです。

 ふつう(たいがい)なら1つの ことば には1つのRubyがふられますが
 ことばの ほうが しんどう作品だった時、
 1つの中に2つのいみ合いをもっているので、
 これにRubyをふると ふつうなら2つのRubyが ひつようになりソうですが
 本作では2つとも いみ合いが実は同じなので1つのRubyで すみます。
 まず この「しんどうする2つの いみ(ことば)にRubyを1つ ふる」と いうのが
 せいりつするのが本作の「たのし味」の1つです。
 しかし ここで あえて、
 ことばを2つにColoringしてRubyも2つにColoringすれば、
 ことばとRubyとの間にソれゾれ2つのたいおうがある
 という ふうにも あらわすことが出来ます。

 ことばとRubyとの みかけが1-1なのに2-1にみえる
 というものをさらに
 2-1ではなく2-2の たいおうに みせる、という様なことです。

 だから どうした となりますが いちおう 本しりーずを
 だぶるび しりーずと よび、
 あす では ない いつかに しりーず作品をあげていこうとおもいます。

 つづきます。
posted by kawahar at 23:51| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする