2018年02月28日

戌(二〇十八)

2018-1610.png

 昨日ののつづきです。
 2018は
「二〇一八」だけでなく「二〇十八」と あらわす むきもあるので
「二〇十八」で「戌」を作ってみました。ソれだけです。

 もう にがつ末なのに いまだに
 ねんがソざい の のこりものです。

 (つづくと言えば たぶん もどりながら)つづきます。
posted by kawahar at 00:06| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

二〇一八(戌)

2018-16-b.png

 昨日ののつづきです。
「二〇一八」の「〇」に しゃせんを いれてみました。
 ソれだけです。

 つづきます。
posted by kawahar at 23:32| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

戌(二〇一八)

2018-16.png

 というわけで「いれこ」を一つぐらいもどして
二〇一八」ぐらいからのつづきです。
 ねんがソざい の のこりものです。

 ありがちですが「二〇一八」で「戌」を作ってみました。
 ソれだけです。
 犬のかお だったり「初日の出 + 富士山 の ふうけい」だったりは しません。

 つづきます。
posted by kawahar at 23:01| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

[犬(戌)も歩けば棒に当たる]

inubou-1g.png

 というわけで「いれこ」を一つもどして
犬のあしあと」の ばりあんと作品 です。
 やはり漢字の「犬」と犬のあしあと(の画)との ねがぽじ作品 なのですが、
 あしあと なので 犬が歩いて棒に当たり、
 中の漢字が「犬」から「戌」になる(「戌」にもみえる)という様な作品です。

 かたむけたり かたむけなかったりなVerも いくつか あげておきます。

inubou-2g.png

「犬(戌)」の字がぬいてある(Negaになっている)作品なので
 これは「抜いた犬」なのだ
 とか「犬が居ぬ」とか「射抜いた戌居た」などと
 てきとうに言っておきます。

inubou-3g.png

 というか だるめしあんっぽい かもしれませんね。

 さくらの はなびらっぽく出来るかな とおもって
 やってみたVerも あげておきます。

inubou-4g.png

 ぜんぜんうまく出来ませんでした。

 (つづくと言えば たぶん もどりながら)つづきます。
posted by kawahar at 21:30| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

[超回虫]

 やっぱり昨日ののつづきです。ぎゃく回りですね。
 今日は かなり おかしなことを言いますので あらかじめ あしからずです。

510510-g.png

 本作は「複素次元」と同じTypeの作品です。
 本Typeの作品はkawaharAmbの複素漢字論に基いています。
 複素漢字論(複素文字論)とは
 1や-1 といった数直線上の点である数が
 実は複素平面上の円である複素数だったのと同じ様に
「次」とか「回(虫)」といった漢字も
 実は複素漢字平面上で連なって円環をえがく複素漢字だった
 という論です。
 つまり、ふだん ぼくらが みて かいて つかっている漢字は
 複素漢字(円環)の一部(の線上の点)にすぎなかった、という事です。
 円は球の だんめんに すぎなかった、みたいな事です。
 本作では
 複素漢字論(複素文字論)が「回虫」といった様な 熟語でも せいりつする(?)
 というのが とぴっくす かもしれません。

 もっと たんじゅんな かんがえかたもあります。
「『9』に-1をかけたら(180°回って)『6』に なる」とか
「『9』に iをかけたら( 90°回って)『の』に なる」というようなものです。
 これなら
「『9』に 1をかけたら(360°回って)『9』に なる」というのが
 すうがく てきに 正しく せいりつするのが よいですね。
(ほか(-1など)では全く せいりつしないのが たまにきずですが。)
 本作で言えば
「『虫』に-1をかけたら『年1』に なる」とか
「『虫』に-iをかけたら『一世』になる」というようなかんじです。
「『虫』に iをかけたら『何』か『可』にか に なる」し
 つまり なにか かにか には なるわけです。
 このかんがえかたは
 いっぱんてきなAmbの かんがえかた と言えるので
 複素漢字論とは わけて かんがえたいとこロですが、
 いずれも つらなって円環になっている(ものの一部分)と かんがえれば
 よくよくかんがえると実はこれらは同じ論(とうごう出来る論)かもしれない
 というのが今げんざいの僕のけんかいです。
 まあ僕しか言っている人いませんけど。
 いずれにせよ
 文字は超次元(たとえば一つ上の次元)では
 たとえば つらなった円環として「超文字」に なっている
 という かんがえかた(とらえかた)が じゅうようで、
 ざっくり これを複素文字論と言っている というはなしでした。
 まあ僕しか言っている人いませんけど。

 (たぶんもどりながら)つづきます。
posted by kawahar at 23:16| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

回虫・[修正]

510510-p2.png

 というわけで「いれこ」を一つもどして
 回虫の修正Verです。おもっていたのと ちがうぶぶんがあったので。
 まあ どのみち きびしいんですが。

 とこロで
 回虫には人に寄生する人回虫のほかに
 犬に寄生する犬回虫や牛に寄生する牛回虫とか が いるんですが
「牛回虫」は「蝸牛」と なにか にているかんじがしますね。
 どうでもいいんですけどね。言うだけ言っておきました。

 中央の 単体のも あげておきます。

510-p2.png

 くりかえしになりますが
 本作は
 AmbLab(ambigram-lab)のメンバーから たいへん大きな ご協力をいただきました。
 有り難うございました。
 ここをよんでいる みなさまも、いつも ありがとうございます。

 (たぶんもどりながら)つづきます。
posted by kawahar at 13:48| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

蟲…螢…

646464.png

 昨日ののつづきです。
 今までは すきまをあけていましたが あけないVerが あってもいいかなと。

 蟲カゴに螢が入っている とかなんとか 言っておきます。

646464-c.png

 (もどりながら)つづきます。
posted by kawahar at 21:36| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

蟲(螢)・[模様]

4-13-666-chm.png

 昨日ののつづきです。
 蟲(螢)をつらねたり並べたりしてみました。
 chainVerなので「かべがみ」で「ならべてひょうじ」とかに出来ます。

 すなおに並んでいるVerも あげておきます。

4-13-666-chh2.png

 割合が異なるVerも あげておきます。

4-13-666-ch2.png

 また、
 みすってUPしたVerも あげておきます。
 蟲が寸詰まっていてソれっぽくなっています。

4-13-666-chh.png

 同じく 割合が異なるほうも あげておきます。

4-13-666-ch.png

 つづきます。
posted by kawahar at 20:00| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

蟲(螢)

666-4-13-666-p1h.png

 昨日ののつづきです。
 一昨日のの単体Verと言える かもしれません。
「蟲」と「螢」との たてSlide交替Typeの作品とも言えますね。

 GradationをかけたVerも、あげておきます。

666-4-13-666-p2h.png

 幅(の割合)をすこし ちょうせつしたVerも、あげておきます。
 より自然にちかくなったかなと。

666-4-13-666-p1hh.png

 同じくGradationをかけたVerも。

666-4-13-666-p2hh.png

 つづきます。
posted by kawahar at 20:13| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

螢(蟲)・[模様]

666-4-13-chain.png

 昨日ののつづきです。
 というか
 螢(蟲)をつらねたり並べたりしてみました。
 chainVerなので「かべがみ」で「ならべてひょうじ」とかに出来ます。
「くさり」の様だったり「ほうソうし」の様だったり「組しきず」の様に
 みえるかもしれません。

666-4-13-mo4.png

 編んだカゴの様にも みえます。むしかご ですね。

 つづきます。
posted by kawahar at 21:22| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

蟲螢…

4-13-666-f6.png

 昨日ののつづきです。
 一昨日の蟲を、たけを替えないVerに替えました。平たいです。平家Verですね。

 螢のほうもあげておきます。

4-13-666-f.png

 GradationをかけたVerも、あげておきます。

4-13-666-f6g.png

 同じく螢のほうも。

4-13-666-fg.png

 つづきます。
posted by kawahar at 22:00| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

螢蟲…

 昨日ののつづきで、なんちゃってfractale作品です。
 螢がいつの間にか蟲に、蟲がいつの間にか螢に。

666-4-13-666-4-13.png

 この様に
 昨日の一昨日のとをくっつけるのも
(ほたるだけど)ありかな と おもって やってみた ということです。

「虫」が中央のVerも あげておきます。

4-13-666-4-13.png

「虫」がソとがわのVerも あげておきます。

666-4-13-666.png

 つづきます。
posted by kawahar at 18:58| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

蟲…

666-666.png

 昨日ののつづきです。
 蟲のFractale作品です。たぶん。
 やはり どこかで みたことがある様な気がしますが。
(これに にている、というのがあれば おしえてください。)

 GradationをかけたVerも、あげておきます。

4-13-666-g2.png

 さかさにGradationをかけたVerも。

666-666-g2.png

 つづきます。
posted by kawahar at 03:33| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

螢…

4-13-666.png

 昨日ののつづきです。
 螢のFractale作品です。たぶん。
 ひじょうに どこかで みたことがある様な気もしますが。

 GradationをかけたVerも、あげておきます。

4-13-666-g.png

 さかさにGradationをかけたVerも。

666-666-g.png

 つづきます。
posted by kawahar at 21:31| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

螢(蟲)

666-4-13-666-p1.png

 昨日ののつづきです。
 本作は たとえば これと同じ
「蟲」と「螢」との たてSlide交替Typeの作品とも言えますね。

 ばっくを替えたVerも あげておきます。

666-4-13-666-p2.png

「ねっとわーく たんし」の まーくみたいなかんじ、
 あるいは「(ねっと)わーくぐるーぷ」のIllustrationのようなかんじにもみえますね。

 つづきます。
posted by kawahar at 00:12| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

螢(虫虫虫)

4-13-666-p.png

 昨日ののつづきです。あるいは
蛍(虫虫)」のつづきと言うべきでしょうか。
「蛍(虫虫)」から「螢(虫虫虫)」に なった という作品です。

 こども「あっ!虫 虫! 虫!」
 おとな「…たぶん、螢だね」


 つづきます。
posted by kawahar at 23:55| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

虫虫(蛍)

4-13-6464-c1.png

 昨日ののつづきです。
 昨日のを「目次次次…」の様に あらわして みました。

 ばっくを替えたVerも あげておきます。

4-13-6464-c2.png

 GradationをかけたVerも。

4-13-6464-c1g.png

 こちらも。

4-13-6464-c2g.png

 つづきます。
posted by kawahar at 23:53| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

蛍(虫虫)

 昨日ののつづきです。
 今日のは昨日のの「ふくさんぶつ」です。

4-13-6464.png

 こども「あっ!むし!むし!」
 おとな「ほたるだね」


 たとえば
 ゆうすずみ(さんぽ)をしている
 おやこ なんかが いるとして
 こどもと大人とでは(ソの つみかさねに よって)同じものでも みえかたが ちがう、
 あるいは あらわしかた(言いかた)が ちがう
 というようなことをあらわしたい作品です。
 世の中、大体のことがらにおいて
 こどもは大人の「はんがく」だったり「はーふさいず」だったりするので
 本作の みえかたも 正にソのようになっている
 という ような しゅちょうです。
 などと、なにを言っているのか よくわからないもの(あとづけの でっち上げ)は
 むしむし(しかとするー)ですね。

 つづきます。
posted by kawahar at 22:08| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

回虫・[模様]

510-p3d.png

 昨日ののつづきです。
 昨日の輪のを曲げないで ソのまま つらねてみた作品です。
 chainVerなので「かべがみ」で「ならべてひょうじ」とかに出来ます。

 すこし とりみんぐ したVerも あげておきます。

510-p3.png

 まあ
 ソう よもうとしなければ よめるものではありませんが。

 作品としては これこれと 同じ様なTypeですね。
 いや 割と ちがうかもしれませんが。

 つづきます。
ラベル:chain Kanji parts 000-a2
posted by kawahar at 22:33| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

回虫

 というわけで、いよいよ4141エントリー目なのです。
 いや どういうわけも ありませんし いよいよでも ありませんが。

510510-p.png

 今回は本作をmAmb(monthly-amb)に 出しました。
 さいきん よくあることですが 本作も
 AmbLab(ambigram-lab)のメンバーからご協力をいただきました。
 有り難うございました。
 ここをよんでいる みなさまも、いつも ありがとうございます。

 さて本作は 回虫たちがSETになっているので
 ただ「回虫」というよりも「回虫回」と言うべきかもしれません。
「回虫の回(Entry)」という いみ合いです。
 本作は全体画として「回(あるいは◎(まるい回))」をも狙っているので
 ソの いみでも「回虫回」のほうが しっくりきますし、
 漢字単位の回文としても「回虫回」のほうが よい でしょう。
 まあ、全体画として「回(あるいは◎(まるい回))」にみせるつもりが
「回」には全くみえない というのが あれですが、
 ソれでも、ともかく「回虫」は「蛔虫」ともかくので
「蛔虫」と「回虫回」とが
 2つ(なのに)ソロって字面が回文(回字面)に なるのをかんがえると
 やはり「回虫回」と言うべきではないでしょうか。
 実際 中央のinversionの回虫は「回虫」と言ってもよいですが、
 ソとがわで 輪として つらなっている回虫は「回虫」と言うよりも
「蛔虫」または「回虫回」と言ったほうが ソの つらなっているかんじが
 よく あらわされていると おもうのです。
 などと、じぶんの中の一体だれを じぶんは せっとくしようとしているのか
 じぶんでも よくわかりませんが、ようするに 本作は
 字画の「みため」がちょっと回虫達っぽくて、
 中央の回虫が ふつうのinversionで、
 全体の回(の なりソコない)もinversionだけど、
 ソとがわで輪をつくっている回虫は部分てきには畳文というか
 畳Ambというような仕組みになっているということです。
 畳Ambは ちょっと曲げて輪にするとinversionになるので
 回るむしをひょうげんするには たぶん ちょうどよかったとおもいます。
 この つらなっている けいじょうは どちらかと言うと ソとをふくめた体全体を
 回るむし というよりも さなだむしっぽい気もしますが
 まあ このさい もう どうでもいい ですよね。

 とまあ なんだか わけのわからないことを畳みかけてしまいましたが
 まだまだ 言いたりないので つづきます(つまり今日は一旦たたみます)。
posted by kawahar at 23:45| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

[EnterのEnter(あしあと)]

16n0a4a10-Enter1.png

 昨日ののつづきです。
 Enterのあたりが犬(とか)の「あしあと」にみえるので
 もっと あしあとっぽく してみました。

 しんこうほうこう付きのVerも あげておきます。

16n0a4a10-Enter2.png

 やじるしの「方」に すすむ ということです。やじるしの「方」に。

 ついでに すこし ななめに。

16n0a4a10-Enter3.png

 やじるしの「方」に。

 あさって いこうに つづきます。あすは4141なので。
 今日が もし あすだったら
 今日の作品は「29Q の日(の作品)」とも言えたんですが。
posted by kawahar at 23:39| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

[Enterの方]

 昨日ののつづきです。
 今日のは
 昨日の犬のあしあとがEnterの方(まわり)にも みえる
 という作品です。
 みくらべるために まず昨日のを あげておきます。

16n0a4a10-o-.png

 犬のあしあとの画の中に「犬」という漢字があるという作品です。
 これが Enterの方 にも みえる(にている)なぁという事です。

Enter-no4.png

 つまりPCのキーボードの
「Enterの方」です。並べて みくらべてみると けっこう ちがいますね。
 犬のあしあとの中の「犬」と同じ様に
 Enterの方(の中)に「方」という漢字がある という作品です。

Enter-n04.png

 ほーう(あきれ)。

 つづきます。
posted by kawahar at 23:16| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

[犬のあしあと]・[修正]

16n0a4a10-o.png

 昨日ののつづきです。
犬のあしあと」の ばりあんと作品 です。
 やはり漢字の「犬」と犬のあしあと(の画)との ねがぽじ作品 です。
「あしあと」なのに(今回は)犬のぶち模様っぽいもので犬をあらわしてみました。
「あしあと」なのに
 へたをすると犬のかお(たとえば ぼすとん てりあ)まである様な気もしてきます。

 かたむけていないVerも あげておきます。

16n0a4a10-o-.png

 つづきます。
posted by kawahar at 23:00| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

[犬があしあと]

16n0a4a10-PhotoFrame.png

 昨日ののつづきです。
犬のあしあと」をねんがじょうの しゃしんの ふれーむにしてみました。
 さんぷる ていどですが まあ。
 この「犬のあしあと」の中に ごまいの しゃしんを入れるわけです。
 ソれこソ犬のだったり、かゾくのだったりのを。
 ほんでもって
 しゃしんの ふれーむが「犬」という漢字に なっているよ という はなしです。

 ちゃんと とうか しているVerも とうかしておきます。
 あげたり とうかしたり たいへんですね。

16noa4a10-PhotoFrame.png

 つづきます。
posted by kawahar at 22:12| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

[あしあと]|犬

16n0a4a10-mnn.png

 いちおう ながれを一つもどして これのつづきです。
 まあ ひょうげんのVariationですね。
「犬」が すこしでも よみやすくなるかな と おもったんですが
 全く ソんなことは ありませんでした。

 びみょうに しゅうせいしたVerも、あげておきます。

16n0a4a10-bm.png

 かたむけたVerも あげておきます。

16n0a4a10-m.png

 同じくこちらも。

16n0a4a10-bmn.png

 つづきます。
posted by kawahar at 19:00| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

弐参(ニミ)

32ue45.gif

 昨日ののつづきです。
 というか「ミニ(参弐)」のつづきで、「ミニ(参弐)」を.gifにしてみました。
 参弐の上だけが45°たおれて回って弐参と いったりきたりします。2.3なので。

 2コマではなく、わかりやすくコマを割ったものも あげておきます。

32ue.gif

 真ん中のコマは ちゃんと(?)23°回しています。弐参だし2.3なので。
 また、今までの.gifとちがって
 回っている時は はいけいが びみょうに替わりますが
 このほうが みやすいということで ソのままにしておきます。

「2.3なので。」と言いたいがため だけに
 このねたを今日までひっぱってきたのでしょうか。
posted by kawahar at 23:00| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

[アニメ]・参弐

232-b.gif

 昨日ののつづきです。
 ほぼ昨日のと同じですが、挟まる真ん中の画(間のコマ)をくわえてみました。
 45°の間をとると ほぼ 23(22.5をししゃごにゅうすると23)なので
 間のコマは23°にしました。参弐が弐参になるだけに23です。
 ソう、はじめからこの23が狙いだったのです(うソ)。

 同じくびみょうに ちがうVerのも。

232-p.gif

 .gifにつかった画(間のコマ)もあげておきます。

2323b-5.png

 同じくこちらも。

2323p-5.png

 つづきます。
posted by kawahar at 11:31| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

参弐・[アニメ]

23-32-b.gif

 昨日ののつづきです。
 ほぼ昨日のと同じですが、回る真ん中をあかいてんにしてみました。

 同じくびみょうに ちがうVerのも。

23-32-p.gif

 .gifにつかった画もあげておきます。

2323b-3.png

 同じくこちらも。

2323p-3.png

 つづきます。
ラベル:Kanji 045-a2 ANIMATION
posted by kawahar at 19:00| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする