2017年10月31日

発育

8219=20.png

 4040エントリー目なのです。
 本作はigatoxinさんの「玩具」という作品をみて
 ソれをきっかけにして作りました。なので字画が結構にています。

 本作は「ななめSlide交替Type」(という あたらしい(?)仕組み)の作品です。

 この「ななめSlide交替Type」という作品の がいねんは
 実は前々から有りました。
 しかし 今まで この仕組みに合う(しっくりくる)作品を作れていなかったので
 しっくりこない いまいちな作品ごと この仕組は おくらいり していました。
 つまり、この仕組みの作品をかかえたまま うかうかしていた わけですが
 今回、たまたまigatoxinさんの「玩具」から
 うまいこと「発育」を作れた(しっくりきた)ので、
「ななめSlide交替Type」として やっとUPすることが出来ました。
 これで かっこうは ついたので
 かかえていた いまいちな作品も、あとで まとめるなりして
 日の目をみるかもしれません。

 おさらい(?)すると
 これ
「鬼福」が「たてSlide交替 Type」で
「内外」が「ヨコSlide交替 Type」です。
「たてにもSlideするし同時にヨコにもSlideする作品
(つまりななめSlideする作品になるもの)」が本作、つまり
「発育」が「ななめSlide交替 Type」です。ヨロしいでしょうか。

 本作はパッとみると「バカ」っぽさも みえかくれ していますが、
 とりあえず
 Ambをこどもの発育に いかせれば よいですね。

 つづきます。
posted by kawahar at 00:13| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

幻減しろ

FantomSpade-30.png

 昨日ののつづきです。
 ながれには あらがえず 今日のEntryは なんと
「幻減しろ」
 などという 誤字で せいりつしていない作品です。

 作品には まれに誤字などが ふくまれてしまうことがあります。
 しかしAmbにおいて
 誤字をあつかった作品は(たぶん)ありません。
 (もんどうむよう で)せいりつしない(と みなされる)からです。
 しかし
「幻減」は単なる誤字というより「ありがちな誤字」であり、
 作ったぼくが あらかじめ誤字と分かって組みこんでいるため
「めた」になり、めためた(なにがなにやら)になります。

「作者が【いと】していなかった単なる誤字がある作品」ではなく
「誤字をうまくつかい、誤字に【いみ(ねた)】が含まれている作品(これ?)」でもなく
「ありがちな誤字をこれは誤字だとただ扱った(いみが あるのか あやしい)作品」です。
 とはいえAmbは今まで(たぶん)
 いとしない(ふとした)誤字も いとした誤字も もんどうむようで
 きょぜつしてきたのですから、これでも本作は あたらしい かもしれません。
 などと言うと
 幻滅されソうですし、
 誤字もふまえると幻減されソうで、
 だから本作は「幻減しろ」なんだよ、
「ねた」として「いみ」があるんだよ、認定トラーイ!
 …という様な作品でした(ながれをちょうせいした だけ とも…)。

 ところで
 たとえば
「滅」は言い過ぎだから「減」ぐらいで かんべんする という様な「いみ」が
「幻減」には あるのかも しれません。
 幻の濃さがn だとして、
 ぺなるてぃ?を 滅(-n)でなく減(-1)で すませてくれる
 ということなのかもしれません。しりませんが。

 あすは一旦ながれを替えます。
posted by kawahar at 23:39| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

幻滅しろ

FantomSpade-28.png

 昨日ののつづき というか 一昨日ののつづきです。
 これ一昨日のを入れてみただけです。

 てきとうに大きさを合わせようとしてみたVerも あげておきます。

FantomSpade-29.png

 つづきます。
posted by kawahar at 22:22| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

9en.png

 昨日ののつづきです。
「滅」がこうなら「減」なら どうなるのか、という ながれです。
 ソれだけです。
「減」と言われれば「減」というかんじでしょうか。

 つづきます。
ラベル:inversion Kanji
posted by kawahar at 21:00| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

392-b.png

 昨日ののつづきです。
 と同じ「わく」の作品で、
 これも まあ、作ってみたら なんとか なるんじゃあ ないの
 という ながれです。なんとか なっているんですかね。

 さついの はどうに めざめた りゅうの しゅんごくさつのEffectみたいな?
 よくしりませんでした。すみません。

 幅をちょうせつしていないVerも あげておきます。

392.png

 ふおおおッ!

 つづきます。
ラベル:Kanji inversion
posted by kawahar at 23:39| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

しろくろ

FantomSpade-27.png

 昨日ののつづきです。

 ながれとしては本作も
 ここのおちぼ拾いで、
 ソコで「しろ」がどうの「くろ」がどうの言ったのに
 すぽっとを当てています。

「すぺーどまーく」を割くと
 しろくろ はっきりしない「しろ」に なり、
 この「しろ」を0°(―)軸のかがみ映しにすると「くろ」に なる
 という作品です。
 かんたんに言うと
「しろ」をかがみ映しにすると「くろ」になる作品です。

 すぺーど から45°回したVerも(さきに作ってしまったので)あげておきます。

FantomSpade-23.png

「しろくろ はっきりしない」(しんどう作品)とか言って出す というのも
 あるかもしれませんが
「しろ」と「くろ」との しんどう作品は すくなくとも
 干支ひと回り(12年)いじょう前から「せんだつ」が有るので、
 これで にあみすを知ってから(つまり ずっと)うちでは あつかって おりません。
(ひと回り は すくなくともなので、もっと さかのぼれる はずです。)

FantomSpade-24.png

「しろくろ はっきりしない」どころか なぜか「しろ」に
 みえてしまう ような気が なぜかしらします。なぜかしら。
(しらー。)

FantomSpade-25.png

 というわけで、しらないですが、
「すぺーどまーく」からの ながれをしめした画も あげておきます。

FantomSpade-26.png

 つづきます。
posted by kawahar at 23:39| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

幻「」しろ

FantomSpade-19.png

 ながれをもどして昨日の一昨日ののつづきです。

「幻惑しろ」の「幻」と「しろ」は「すぺーど」なので
 ほかの すーとも つかって ひょうげんできないかな という作品です。
 今回は「だいや(◇)」をつかって『わく(「」)』をひょうげんしてみました。
 つまり
『幻「」しろ』は「げんわくしろ」ということです。
 また、
「幻惑しろ」のほかに「幻滅しろ」や「幻想しろ」なども当てはまるかもしれません。
『幻◇しろ』や『幻「」しろ』というのを『幻*しろ』と とらえよう という事です。
 当てはまるものなら なにを入れても せいりつしますよと。
 言葉として すこし おかしいかもしれませんが
「わく」ではなく「かく」と とらえて「幻覚しろ」と言っても よいかも知れません。

 まあ
 とりあえず「すーと」からの ながれを まとめてみました。

FantomSpade-22.png

 まず
 すぺーど、だいや、さかさのすぺーど
 というのが有って、

FantomSpade-20.png

 ソれらを45°回して、

FantomSpade-21.png

 分割した。という作品です。

FantomSpade-19.png

 いちおう 全てinversionです。

 つづきます。
posted by kawahar at 18:28| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

日本(ニホン)

2h0n2h0n.png

 いちおう昨日ののつづきです。
「日本」と「ニホン」との しんどう作品で、ASOBIDEAさんのHiroshiさんが
 同じ様な作品をすでに出しています。すこし、かぶりました。すみません。

 ちょっと太さがちがうVerも あげておきます。

2h0n-2h0n.png

 ほかの「*本(*ホン)」や「本*(ホン*)」も できれば なにか作りたいですね。

 あすは ながれを もどします。
posted by kawahar at 00:44| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

日こ|0こ

2co0co.png

 つづくと言ったのをおぼえてるか? ありゃ うソだ(r
 せっかく(の とうひょうの けっかが出た日)なので
 ぴんぽいんと(すぽっと)deまた いれこ です。

「日本のこころ(せいとう)」は「日こ」と略される事も割とあり、
 せんきょ結果が ちょうど「0こ」だった ので
「日こ」と「0こ」の しんどうを ひょうげんしてみました。

2co-0co.png

 これは
 せんきょ結果をみて たまたま おもいあたった だけ なので
「たい」や「ふくみ」は ありません ので
 ねんのため あしからず 宜しく おねがい いたします。
posted by kawahar at 20:01| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

幻惑しろ

FantomSpade-18.png

 というわけで いつの間にか ながれをもどして
 昨日ののつづきです。
 よいかんじで いれこが もどっている(さかのぼれている)はずです。
 本作はここで ふれた「幻惑しろ」です。作ってみたら ありかな と おもったので
 とりあえず あげて みました。やれやれ。

 ちいさくしたほうが ソれっぽく なるんじゃね
 というVerも あげておきます。

FantomSpade-18S.png

 すぺーど まーく が 全く かんけいなくなっちゃいましたね。

 つづきます。
posted by kawahar at 01:00| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

o9.png

「惑」です。
 惑ですが「」のSatellite作品 です。
 せんだつが あるかもしれませんが あしからず。
 漢字一文字しりーず(?)です。ほかには たとえば これとかですかね。

 ちょっとじゅぴたーの(ほっとじゅぴたーではない)
 大せきはんの様な かんじのとこが ありますよね。

++
 こんな漢字、まんまのが あるのを わすれていました。
 友人に言われて おもい出しました。おもい出した と言うほど
 詳しくは知らない(みたことがあるだけな)のですが、
 まんまこんな漢字が実際にあるようです。
++
ラベル:Kanji inversion
posted by kawahar at 23:19| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

[某氏の消しゴムの中の消しゴム]

 昨日ののつづきです。

 昨日しょうかいした2r96さんの消しゴムをみた時、
 ぼくのケシゴムより いいね! と おもったのは とうぜんとして、
「ああ これ、あれに にているな。なるほど」と、おもいました。
 ソうです、igatoxinさんのプログラムに すこし にていますね。
 いやいや、ちがいます。ソんな ななめ上の言いがかり なんかではなくて
 もっと ふつうに、あれに にているのです。

2r96-Eraser-1.png

 ソうです、まんま 消しゴムにも みえますよね。
 たんてきに言って、消しゴムの中に消しゴムが有ります。

 わかりやすい様に2r96さんの消しゴム
 消しゴムで すこし消して(みた様な かんじにして)みました。
 消しゴムだけでなく消されるがわの文字も有る事がわかります。
 消されるがわの文字は なんだか あるふぁべっとっぽいので
 ヨコからみて「J」や「VI」とかでしょうか。
「J」に みえるぶぶんは文字ではなく、まんが ちっくに
「ゴシゴシと こすって消す うごき」を あらわしたもの かもしれません。
 あるいは「J」が「ケ」で「VI」が「シ」、
 合わせて「ケシ(という文字)」と とらえる事も 出来ます。
(「消(し)」の中に「ケシ」が有る かっこうに なります。)
 つまり
「ケシ」という文字を消しゴムで消している画 に なりますね。
(なんでも言えば よいと おもっています。)

 さらに消してみましょう。

2r96-Eraser-2.png

 消しゴム本体 と ソの消しゴムの
「ゴシゴシと こすって消す うごき」をまんが ちっくに あらわした線
 と いった かんじでしょうか。

 さらに消すと 消しゴム本体だけが のこります。

2r96-Eraser-3.png

 まごうかたなき消しゴムです。
 かどが まるまっている(消しゴム が すこし つかわれている)のが
 2r96さん本人が おっしゃる さいだいの ぽいんと とのこと。正に!

 では今日のEntryの(ぼくとしての)ぽいんとは どこなのか。
(ソれが無ければ 全てが借りもので すんでしまいます。いけません。)
 とりあえず、
 消しゴムと こするうごきの線と 消される文字、
 消しゴムと こするうごきの線、
 消しゴム、
 というかんじで
 2r96さんの消しゴムを消しゴムでだんだん消していくと消しゴムが出てくる、
 という おかしさ でしょうか。
 本来、わかりやすい せつめいを めざすなら
 まず、消しゴム本体だけの画(3つ目の画)を
 さきに みせるべき ですが、
 こういう あべこべさもAmbに つうじており、
 これもまた ぽいんと だ ということ でしょう。
 などと
 いつもどおり無茶苦茶な事を言っていますが
 ココはひとつ、わかりやすいように
 せつめいを さかのぼって よんでいただき、
 さいごに 2r96さんの消しゴムをまた みていただくのが
 いちばん 宜しいかと おもわれます。
ラベル:GA typography Epimenides
posted by kawahar at 22:16| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

けしゴム

Eraser-Bo2.png

 とりあえず。
 これこれとを作った時に ぼつにしたメモ です。
 今回(と言ってもソれから今日までに日を経ましたが)
 2r96さんのをみて いいね という はなしを したのですが
 ソの時に ついでに この ぼつの はなしもしたので
 せっかくなので 出来る時にEntryしておこう
 ということです。

 しれっと
 2r96さんのBlogを はじめて しょうかいする
 というのが しゅがんのEntryとも言えます。
posted by kawahar at 18:13| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

きんたまりお

GoldenMario.png

 とりあえず。
 本作はTwitterのAmbくらすたで「きんたま」が はやった時に
 じょうじて作ったものです。
posted by kawahar at 21:01| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

中山ゴン

gongon.png

 昨日ののつづきです。

 昔は(あるいは今も)「ゴン中山」を「中山ゴン」と
 言っていた人が いっていすう いました。
 無論
 ただ「ゴン」と よばれたり、
 ただ「中山」ともよばれたりもしていました。

 本作も しき詰めて しまえば
「ゴン中山」でも「中山ゴン」でも「ゴン」でも「中山」でも
 もんだいありません。
 みるがわが つごうよく拾って よんでくれるからです。

gon-gon.png

「ゴン」とも「中山」ともよめる文字を並べて
「ゴン中山」とも「中山ゴン」ともよめる
 という作品なので すこしこれに にているかもしれません。
posted by kawahar at 15:41| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

ゴン中山

gon-3.png

 つづくと言いましたが 一旦ながれをきって いれこにします。
「ゴン|中山」の しんどう作品 です。
 かなり古いメモをSalvageしてきて 作りました。

 すこし細いVerも あげておきます。

gon3.png

 つづきます。
posted by kawahar at 23:53| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

[幻 得るβ]

PS-Ele.gif

 昨日ののつづきです。ながれの「いれこ」を ただしく とじていきます。
 今日のは
幻の本立て」と同じ様な かつようの ていあん(?)Entryです。
 これは
 えれべーたーの とびらに かぎりませんが
 えれべーたーのとびらの様にひらくとびらに
 こんなAmb( Phantom Spade )が えがかれていれば
 ぴったり とじている時は すぺーどまーくだし
 とびらが かいへい中の時は 幻になる
 という ひょうげん です。

 つづきます。
posted by kawahar at 01:21| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

夢幻紳士

69n4n4.png

 昨日ののつづきです。
 さんぷるとしてこれをやるなら こっちも はずせない、みたいな。

 ついでに
 QUIZっぽい?ひょうげんに したものも あげておきます。

6gen503A9.png

 Spadeには ある同じ一文字が入ります。さてソれは何でしょうか。
 という かんじ でしょうか。

 つづきます。
posted by kawahar at 23:32| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

幻影旅団・[修正]

906d2.png

 昨日ののつづきです。
 というか しりーずの中の「いれこ」を一つ もどしたかんじで、
幻影旅団」の Variationです。
 まずは団の口も(すーっと)◇にしてみました。
 ひソカは ひソカに このぐらいは 団を おかしている
 ンじゃあないかなと。

 で、せっかく4文字なので
 全てに すーとを1つずつ いれてしまおうと。

906d4.png

 さすがに ちょっと うるさく なって しまいましたでしょうかね。

 つづきます(しりーずの中の いれこをまた一つ もどします)。
posted by kawahar at 23:32| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

[ぎっしり はぁとの詰め合わせ]

4r810-1.png 4r810-2.png

4r810-0.png 4r810-9.png

 昨日ののつづきです。
 ぎっしりと言うほど ぎっしりでも ないのですが
「(はぁとが)しりっぽく ふるまう」という様な いみで「ぎ(っ)しり」で。

 4r810-4.png 4r810-3.png 4r810-5.png

 4r810-7.png 4r810-8.png 4r810-6.png

 しり なので 割れています。
 さかさまの「しり(はぁと)の画」が割れても「(字の)しり」だし、
 さかさまにして「しりの画」が割れても「(字の)しり」だ、という様な作品です。
 つまり昨日のと一昨日のと同じで、
 今日のは さかさまの「しり」も すこし よみやすくなっている というものです。
Phantom Spade」との しまい作品であることも ぽいんと です。

4r810-a.png 4r810-b.png

 昨日のと同じ様に
「ぷるぷる てかてか で かがやいている」という とらえかたも。

 といったかんじですが
 ちょっと わかりにくソうなので もう一回ねんのために。

4r810-6.png

 これがソのまま「割れたしりの画」かつ「しり(の字)」だということです。
 つながっていて、よりソった「しり」という文字です。
 で、これは ひっくりかえしても「ひっくりかえった しり(はぁと)の画」だし、
 やっぱり「(字の)しり」でもある、ということです。

 つづきます。
posted by kawahar at 13:12| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

しり・[しり]

4r18-10r.png

 昨日ののつづきです。
 昨日のは
「はぁと まーく」と
「さかさでも しりの画は しり」と
「しり(という文字)」という組み合わせでした。
 今日のは
 さかさではない「しりの画」をあつかいたくて
 昨日のをさかさにしてみたら
 割と「しり(という文字)」になる
 という作品です。
「しり」から「へ」が出ている とも言えるかも しれません。
 でも
 ちょっと きびしいので、さいてきか したいですね。

 いずれにせよ
「しり」は ひっくり かえしても「しり」
 ということですね。
 あるいている人を まっさかさま から(ましたから)
 みあげると
 ソんなかんじの「しり」になります。
「しり」というか「また」ですけど、まあ。
(ソんな かんじde ふつうに回っている「しり」は
 うちに すでに 有りました。あと いちおう これも。)

 というか いよいよ ゆんぶいかさんの
 90°(|)軸mirrorの「しり」に にてきました が。
 しり合いと言えぬ しり合い ですね。

 つづきます。
posted by kawahar at 23:51| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

しり・[しり(はぁと)]

4r18-10.png

 さて、昨日ののつづきと言えばつづきですが
 また びみょうに よていと替えてみました。

 ひっくりかえった「(てかてかの ひかり かがやく)しり(の画(はぁと))」が
「しり(の字)」をしている、という作品です。

 つづきます。
posted by kawahar at 22:06| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

幻影旅団

906d.png

 昨日ののつづきです。
 これをどう つかっていくかの さんぷるです。
 ようするに
 ひソかに ひソかが はいった幻影旅団です。

FantomSpade-7.png

 つづきます。
posted by kawahar at 16:02| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

幻視

illuSionSpade.png

 昨日ののつづきです。
(また ちょっと一昨日の よてい とは ちがいますが)
 細かい Variationです。
 本作は
(ちょっと曲げて回していますが)あくまでソのままの すぺーどまーく を
 幻にみせるという幻をみせて幻視にみせるという幻視作品です。
 いや、あべこべに、幻視にみせるから幻にみえる幻視作品かもしれません。
 ようは「*視」のぶぶんコソが幻視させる上で たいせつ なのであり
 今回すぺーどまーくは本体ではない(まである)という様なことです。
 全く幻が視えない
 という人は もっともっと はなれて とおめから みてください。

 つづきます。
posted by kawahar at 23:44| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

[幻の本立て]

FantomBook-End.png

 昨日ののつづきです。

 昨日、ふれいざーど ふれいざーど 言ったので
 ばるもる暗き闇の雷よ ということで。いや これは すれいやーど でした。
 昨日、ざーざーど ざーざーど あめが ふったので、いや もういいです
 昨日、あめよ ふれいざーど ふれいざーど 言ったので あめはともかく
 ソういうColoringに してみましょう という ことに なりました。
 ぎる でもいいんですが、ぎる だと左右あべこべになります。

 ついでにこれの本立てVerも あげておきます。

Fantom-Book-End.png

 つづきます。
posted by kawahar at 02:33| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

幻・[本立て]

FantomBookEnd.png

 昨日ののつづきです。
 幻(すぺーど)
 幻の本立て(Bookend・ぶっくすたんど)に出来る のではないか
(したらよい のではないか)という作品(というかEntry)です。

 いちおう、あさって への ながれを作るために
 ひっくりかえしたVerも あげておきます。
 ひっくりかえしても つかえる本立て ということで。

Fantom-BookEnd.png

 また、これは昔から かんがえていたこと ですが
 本当は「外内」(など)を本立てにしたいですね。
 このTypeなら
「内」で挟んでもよいですし、あべこべにして
「外」で挟んでもよい、という様な いわゆる りばーしぶるな品に出来ます。
 いくつかの この「内外・本立て」をくし して
 円陣を組む様に本を並べれば、どちらが本立ての内側なのか、
 本立て外側に本が立てられているのか?といった様な
 くらいんの壺じょうたいに(たぶん…おソらく)出来ます。
 ソう言えば 本作は ひっくりかえった(時に割れた)壺でもあるので
 ちょうど よい ですね。

 あとは
 同じ様なIdeaとして
「あしゅらだんしゃく」の本立てや
「ふれいざーど」の本立てというのは どうかな と、おもいました。
 左右に分かれるのが みソ ということで。

 まあ「内外・本立て」にせよ「ふれいざーど・本立て」にせよ
 おもい うかべている だけでは「幻の本立て」にすぎない、
 なんて あたりを おち ということに しておきます。

 つづきます。
posted by kawahar at 23:53| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

幻しろ・幻ろし

FantomSpade-15-3.png

 昨日ののつづきです。
 すなおに 昨日の一昨日言っていたVariation作品です。

FantomSpade-15-4.png

 ようは
「さらには(皿でなく壺ですが)『幻』を ひっくりかえすと
『しろ』と よめなくもなく(『くろ』かもしれませんが『しろくろ』は つけず)
『幻』は『幻ろし』と おくりがな?をつけて かかれることも
 時にはあるので、合わせると『幻しろ』 …あれ? 合わない。
 合わないので この作品は晴れて幻と あいなりました。」
 みたいなことです。

 まあ「幻ろし」という「おくりがな」がソもソも異れぎゅらーですし
「幻しろ」も「まぼろし しろ」という いみ合いで
 つうじなくは ない のですから、本作を幻には せずともよい かもしれません。
 なので、同じ様に
「幻視しろ」や「幻滅しろ」や「幻惑しろ」あたりの
「幻*しろ」というinversionも やれば出来ソうですね(真の幻しりーず?)。

 さて、
「しろ」でも右から左によめば「ろし」だ!という むきも あるので
 ソんな かんじのも あげておきます。

FantomSpade-16.png

 せっかくなので
 幻ろしとなった「こうなればよかったのに」Verも あげておきます。
 あべこべなので、はいちを替えれば
 (かってに よんでいる)「totem inversion」らしきものになりますが
 やりませんでした。

FantomSpade-15-1.png

 しろ なのか くろ なのか みたいなことで ぐれーなのも あげておきます。

FantomSpade-15-2.png

 あと、壺とか「すぺーど」とかは
 今回は あまり しろくろをつけない というか げんきゅうしないでおきます。

 つづきます。
posted by kawahar at 23:53| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

幻・[図解]

FantomSpade-11.png

 昨日ののつづきです。
 なにを言っているのか分からないかもしれませんが、
 昨日言ったとおり 一昨日言ったとおりのVariation作品です。

 ようは
「ひっくりかえした すぺーどは 壺にも みえる ので
 たなから壺が ひっくりかえって おちて すぺーどに なったら
 いきおい あまって割れてソのまま(財産が)幻に なっちゃいますよ?」
 みたいなことです。

 いきなり すぺーどが割れる よりも
 壺が割れて だいなし(幻)になるほうが もっともらしさが有るよね、
 ということです。

 つづきます。
posted by kawahar at 18:59| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

幻・[まぼろし]

FantomSpade-8.png

 昨日ののつづきです。
 しかしながら「昨日言ったとおりのEntry」というのも つまらないので
 今日は すこし替えてみます。
「言ったとおり」のは あしたに いこうします。というか あしたいこうに します。
 …これは このまま幻になる かのうせいも有りますね。幻と言いたいだけですが。
 さて
 今日の作品は のVariationで、やはり「幻」です。
 - 喫茶 幻 -
 みたいな ふんいきを出してみました。本当に あるかもしれません。
 おみせのまっち とかに まっちしソうです。

 ねんのため、と なにが ちがうのかというと
 には実際に字画の「きれめ」があるのにたいして、
 今日のは いんえいで ごまかしているだけ(きれめは無い)
 という点です。
 きれめが無いことで だいぶ「すぺーど」よりになる ので
 ねんのため ふりがなをふってみる という様なことに。
 まとめると
 すぺーどの幻ということになります。あべこべかもしれませんが。
 というか「幻」と すぺーどmarkとの 45°回てん作品
 あるいは すぺーどmarkと「幻」との しんどう作品と
 言えるのでは ないでしょうか。まぼろし かもしれませんが。

 つづきます。
posted by kawahar at 23:38| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

[Phantom Spade]

FantomSpade-1.png

 昨日ののつづきです。
 昨日ののだけでは 作品として せいりつしていない
 という いわれも なくは ない ので
 今日は「ながれ」をしめしてみました。

 ようは
「ひっくりかえした すぺーどは 壺にも みえる ので
 たなから壺が ひっくりかえって おちて すぺーどに なったら
 いきおい あまって割れてソのまま幻に なっちゃいますよ?」
 みたいなことです。

 …まちがえました。今のは あしたの せつめい文でした。

 ようは
「さらには(皿でなく壺ですが)『幻』を ひっくりかえすと
『しろ』と よめなくもなく(『くろ』かもしれませんが『しろくろ』は つけず)
『幻』は『幻ろし』と おくりがな?をつけて かかれることも
 時にはあるので、合わせると『幻しろ』 …あれ? 合わない。
 合わないので この作品は晴れて幻と あいなりました。」
 みたいなことです。

 …まちがえました。
 今のは たぶん てんで あさっての せつめい文でした。

 ようは
「すぺーどが こけて割れると 幻になる。」
 みたいなことです。

 つづきます。
posted by kawahar at 00:44| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

 昨日も いつもどおり「つづきます」と 言いましたが
 せっかく10がつに なったので ながれを替えてみたいとおもいます。
 あきるし。

FantomSpade-0.png

 つづきます(つづくんかい)。

 ついでに言うと、
 けっかてきに ながれも昨日のから あまり替わっていないかも。
 でも、ソれゾれ ちがう時に ひらめいたものなので
 もとは べつのながれ と言ってよいでしょう。
posted by kawahar at 23:55| Comment(0) | kawaharAmb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする